カーリースの審査は厳しい?

カーリースは初期費用が安く、手続きが少ないということもあり、簡単に新車を手に入れることができるとして、人気のサービスです。車をローンで購入する際には、審査に通らないと購入できませんよね。リースもおなじで、事前に審査を行わなければなりません。そこでこの記事では、リースを検討している方に、「審査は厳しいのか?」「どんな審査内容なのか?」ということについて詳しく説明します。是非ご一読ください。

1.リースの審査は厳しいのか

リースの審査はそこまで厳しいものではありません。よほどのことをしていない限り、簡単に審査は通ります。リース会社からしても、万が一支払いができなくなってしまえば困るので、最低限の支払い能力があるのかを確認されます。無事に支払い能力があるとみなされたら、車を貸し出してくれるでしょう。

2.リースには3つの審査のクリアが必要

上記で説明した審査の内容3つを説明します。リースを検討している方は、必ず目を通しておいてください。その3つとは下記の通りです。

  • どんな仕事をしているのか
  • 自己破産の経験はないか
  • 年収はいくらあるのか

2-1.どんな仕事をしているのか

審査では、最初にどんな仕事をしているのかを確認されます。やはり、収入がなければ支払い能力が低いとみなされますので、リース会社にとってはかなり重要です。安定した職(公務員・正規社員)に勤めている場合は問題ないでしょう。しかし、自営をしている個人事業主であったりアルバイトで生計を立てている方は厳しい審査になるでしょう。

2-2.自己破産の経験はないか

どんな審査にも関わってくる事ですが、自己破産や任意整理を行っていないか債務履歴を確認します。過去に自己破産や債務整理の経験がある場合、審査を通る事が難しくなります。他にも、消費者金融などから多額のお金を借りているなど場合には、審査に通りにくくなります。

2-3.年収はいくらあるのか

月々の支払いができるのか、その判断基準として年収を確認される場合があります。リース会社が、毎月の支払いを安定的に行えるであろうと判断した場合は、審査に通る事ができるでしょう。しかし、カーリースの審査を通るために必要な年収は最低でも、200万円は必要と言われています。ですので200万円以下を切ってしまうと、月々の支払いが厳しいと判断されてしまい、審査が通りにくくなってしまいます。

3.審査に通るために日頃から気をつけておく事は?

審査に通るために、日頃から気をつけておく事があります。それは、「どんな支払いも遅れないようにする」事です。支払い納期を守らないでいると、ブラックリストに乗ってしまう可能性があります。1度ブラックリストに載ってしまうと、カーリースの審査だけではなく、住宅ローンなども組めなくなってしまいます。

日頃から支払いを遅れないようにするには、自動的に口座から引き落としてもらうことや、なるべく分割で支払うのでなく、一括で支払うことです。審査に通るため、ブラックリストに載ることは絶対に避けましょう。

3-1.審査が必要ないカーリースも存在する

上記では、審査が厳しいことを説明してきましたが、実は厳しいところだけではありません。資金がないが車がほしい。そこでリースを見つけて申し込んでみるものの審査に落ちてしまった。しかし、そこで諦める事はありません。軽い審査で通るカーリース会社もあるのです。

リースは、低価格で最新モデルの車種でも新車で乗れることが最大のメリットです。しかし、審査なしを売りにしているリース会社の場合、利用条件が限られている可能性があります。例えば、好きな車種を選ぶことができなかったり、中古車である可能性があったりと、少し内容は変わってきます。ですが、車を持ちたいけどどの審査にも通らなかったという方は一度、審査なしのリース会社を調べてみるといいかもしれません。

3-2.新卒社会人必見!1万円から新車に乗れる!?

新卒社会人が給料をもらい始めた時のお金の使い道として、初任給で家族を食事に連れて行くこと、と、車を購入することではないでしょうか?初めての車を購入する新卒社会人の方は多いですが、リースの方が月々に支払う料金は安くなります。

新車または、中古車を購入する場合に、頭金や税金、自賠責保険と初期費用がかなりかかってきます。その総額は10万円〜20万円ほどです。車を購入した後も、車検やメンテナンス費用である維持費がかかってきます。車検は2〜3年ほどのスパンで行いますが、平均でも1回の車検で7万円ほどかかります。しかし、リースを利用する場合は保険に税金、車検や維持費などの諸費用すべて込みで月の支払額が決まります。プランによっては差がありますが、1万円で新車を持つことができる場合もあります。ですので、社会人になって自分の車を持ちたいと考えている人は、リースを利用する手もあるよということを理解しておくといいでしょう。

4.まとめ

カーリースの審査は自己破産の経験がある方や、収入が200万円に満たない場合は審査に通る可能性が低くなります。しかし、審査をする必要がないカーリース会社もありますので、車を持つことは諦めないでください。

新車市場「エコループ」では、他社のリース会社で審査を断られた場合でも、ご相談次第ではお申し込みいただくことが可能です。ぜひお気軽にご相談ください